ブログ

中国がアメリカをWTOに提訴

9月2日夜。
中国商務省は、アメリカが中国製品に15%の追加関税をかけた措置に対し、世界貿易機関(WTO)に提訴する発表をした。
課税額は、1100億ドル(約11兆円)になるという。

WTOは
1.自由(関税の低減、数量制限の原則禁止)
2.無差別(最恵国待遇内国民待遇
3.多角的通商体制
を基本原則としている。

中国はアメリカがこの中の「多角的通商体制」を軽視しているとアピールしている。
中国は2018年9月にもWTOに米国を提訴している。

米中は9月初めにワシントンで閣僚級の貿易協議を予定していたが、実現はさらに不透明になった。

関連記事

ページ上部へ戻る