ブログ

実績紹介【失敗編】だれも読まない広告

コンサルとして独立した時の話

コンサルとしてやっていくには、セミナー開催がどうしても避けて通れない道だと言われ続けました。

どんな人も必ず口にするので、自分もやってみようとしました。

あるビジネスグループの例会にチラシを配るチャンスがあると聞き、

ちょうどその例会が記念の集まりで、経営者が200人以上くる会がありました。

これはチャンス! たくさん来る経営者にセミナーの告知したら

もう定員がすぐ埋まるでぇ~

そんな、妄想を膨らましました。

このチラシをさらに効果的にするために

その例会の数日後に発行される商工会議所の新聞に、開催したいセミナーの広告を打ちました。

例会のちらしの倍のセミナー費用で掲載してもらいました。

よって、例会に来てる人は半額でセミナーを受けれるのです。

しかも、数日後には広告が打たれるので、早く申し込まないと予約が取れないかもしれないという、例会に来た人をターゲットに広告計画をたてたのです。

限定性も出せて、これは最高の施策だと思ってました。

 

【実績】

なんと、受講者 ゼロでした。

アナリティクスでは、セミナーLPには50人くらい来てました。 
参加者 200人中の50人なので、結構優秀かもしれませんが?

 

【考察】

そもそも、特別な例会に来る人たちは、お祝いに来ていてビジネスの意気込みがありません。

それをまず、理解していなかったのが敗因です。

あと、時期なのですが、お盆休み直前の話でした。

商工会議所の新聞もお盆休み直前に配られます。

だれが読むん?

あ~~~~~~~、作戦ミス。

日程や会の状態を無視すればすばらしい施策でした。

思いつきが先走って目がくらんでいたのです。

周りの環境をまず視野に入れないと、こんなことになります。

あなたも気を付けて下さい。

最終ネタにすればOKかもねwww

関連記事

ページ上部へ戻る