日経新聞_話したくなる記事

  1. アマゾンエフェクトの恐怖に巻き込まれている

    アマゾン・エフェクトとは、ネット通販「アマゾン・ドット・コム」が進出する業界で、その影響を受け、業績や株価の低迷に悩む企業が増えている現象を指す。なんと、米小売店、3年で1万店減という結果が出ている。

  2. 新型iPhone11 予約開始

    新型iPhone11 予約開始端末代はKDDIが安く、最安の11で 4万4496円とし、最上位機種も6万円台に設定している。ソフトバンクもほぼ同じ感じだで、他社のスマホと同じくらいの価格設定にしている。

  3. 楽天携帯電話、本格参入を2020年に

    10月からサービス開始されると言っていた、楽天の携帯電話事業が延期され2020年春にずれこむ見通しである。通信基地局の整備の遅れが原因だとみられる。楽天はクラウドを利用した「仮想化」を通信ネットワークに世界で初めて採用している。

  4. 忍者を使った、アマゾンとMSの覇権争い

    アメリカで人気のゲーム実況者が配信サービスを変更したのがニュースになっている。

  5. 中国がアメリカをWTOに提訴

    9月2日夜。中国商務省は、アメリカが中国製品に15%の追加関税をかけた措置に対し、世界貿易機関(WTO)に提訴する発表をした。課税額は、1100億ドル(約11兆円)になるという。

  6. 消費税増税まであと1カ月  駆け込み需要の判断

    増税に対する消費の実勢をつかんで、企業戦略を方向修正すべし消費税率10%まであと1カ月となりました。2014年、5%から8%への増税前に起こった駆け込み需要は大きく日本経済を動かした。駆け込み需要のあとの「反動」、まったく売れない時期が続いた苦しみ。

  7. スマホ決済の不正利用に対する保険誕生

    スマホ決済サービスを利用した時、第三者の不正アクセスによる被害を補償する保険を三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険がそれぞれ始める。スマホ決済サービス利用者が不安なく使える環境づくりを後押しする。利用規約で被害額を補償すると言っているスマホ決済事業者は少ない。

  8. 新型iPhone、9月11日発表

    今回のiPhoneは、背面にカメラが3つ搭載するようです。アップルは昨日、米カリフォルニア州の本社で9月10日午前10時(日本時間11日午前2時)からメディア向けのイベントを開くと明らかにした。新型iPhoneの発表に加え、今年始めるアップルオリジナルの動画配信サービスの詳細を発表。

  9. 新しい広告場所

    セブンイレブン&ホールディングスは、小売りの新しい価値を見出すために、顧客情報の強化をしている。 アマゾンやそのほかのライバル企業に差をつけるべく、「7iD」というシステムで自社サービスを利用する顧客を横串でつなぐようなシステムを作った。

  10. 出生率1.42 介護施設高齢者活用 消費支出4月1.3%増

    厚生労働省は7日、人口動態統計の結果を発表した。2018年に生まれた子供の数は91万3397人と、過去最低数だった。過去3年連続で100万人を割っており、出生率は1.42と下がっている。出生率は、2以上でないと人が増えないので、どんどん減る一方だ。

ページ上部へ戻る